医院ブログ

2011.06.30更新

 本日、六月みそかの木曜夜で一旦、昭島市の介護認定審査委員を辞する予定です。理由としては、歯科医師会の他の仕事の日程等が重なり、これ以上は継続不可能と判断したからです。
 個人的には続けたかったのですが、物理的に無理ですので、断腸の思いでの決断でした。


東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。

投稿者: 昌幸歯科医院

2011.06.27更新

 口内細菌は、歯周ポケットなどの歯の周囲から頻繁に血液中に入り込んでいます。しかし、私たちの体の中にある細菌と戦う白血球や免疫物質などミクロの戦士隊のおかげで危険が状態にさらされることはほとんどありません。ところが細菌などと戦う能力の低下した人では、血液中で細菌が増える敗血症になることがあり、命を奪われてしまうこともあります。


東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。

 

投稿者: 昌幸歯科医院

2011.06.23更新


 まだ梅雨もあけていないのに、毎日とてもあついですね。
 我が家の子ども達は、今年初めて川で泳ぎしました。
 いつも夏になると、家の近くに川があるので子どもたちは思いっきり泳ぎます。
 実は、地元の人しか知らない絶好の穴場があるのです。

 川遊びは楽しいのですが、危険が伴います。地元の子どもたちは危険な場所をよくしっているので大丈夫なのですが、気をつけなくてはいけないのは、外から来る方々です。
 特に流れの速い所は要注意です。
 大人のひざくらいの深さで流れの速い所では大人でも流されてしまいます。
 写真で写っている場所の先に、まさにそのような場所があります。
 みなさん、川遊びをする時にはどこが危険か、近くにいる地元らしき人に必ず確認して川遊びを楽しんでください。

投稿者: 昌幸歯科医院

2011.06.19更新

 お年寄りだけではなく、大きな手術を受けたり、事故になったりした時、あるいは重篤な病気になった際は集中的な治療が必要となり、ICUという部屋に入ります。集中治療室(ICU)で治療を受ける患者は、知らないうちに口の中の最近を気管支や肺にもち込んでしまいます。唾液に混入した最近が胃に持ち込まれず、ごえん(誤嚥)が起きてしまいます。チューブを気管に入れる患者では、特に口の中の最近が肺に入り込むリスクが高くなってしまいます。そのようなことが原因の肺炎は重篤になり、入院期間がどんどんのびてしまい、命を奪われてしまうことも少なくありません。
 集中治療室の患者さんには、消毒薬にひたしたガーゼやスポンジで歯や舌さらには粘膜をふきとり、細菌の数を減らしておくことが大切になります。

東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。


投稿者: 昌幸歯科医院

2011.06.15更新

お天気のいい先日、久しぶりに娘と払沢の滝(ほっさわ)をみにいきました。
滝にたどり着くまでの道が私はとっても好きです❤
滝までは緩やかな山道で、山登りという感じは全くありません。
ですので、お年寄りにも安心して登れます。
滝への道に入る所に喫茶店があるのですが、そこでいつも蒟蒻を食べるのも楽しみです♪
残念ならが、滝の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、帰りの道の様子を撮りましたのでUPしてみたいと思います。
これから夏になり暑くなりますが、滝からのマイナスイオンを浴びて涼みに行くのもいいかもしれません。

投稿者: 昌幸歯科医院

2011.06.12更新

 高齢者の方の肺炎の予防に大切なことは、脳血管障害などの疾患や寝たきりなどにならないことといえます。しかし、全ての人が健康な老後を迎えることができるわけではありません。介護が必要になった場合、間違って食物が気道にいかないように、きちんと食べさせることです。きちんと食べさせることについては、歯科医療担当者を含め、介護にあたる人達のなかによく知っている方がおられます。その方たちから指導を受けることが肝心です。さらに、口の中の原因菌を少なくしておくことが大切です。寝る前に口の中をきれいにすることは、お年寄りの肺炎予防の決め手となるものです。


東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。

投稿者: 昌幸歯科医院

2011.06.09更新

春の運動会シーズン。
娘の学校も先週運動会でした。
土曜日・日曜日と雨で延期になり予備日の火曜日にやりました。
 
 
ところがうちの娘は欠席。前日、突然嘔吐を繰り返し、近所のお医者さんに行って薬をもらっても全然効かない。小児の救急電話相談でその時の状態を話すと、受診した方がいいと言われ初めて小児医療センターに行きました。
 
 
何年か前に多摩地区の小児病院が統合されて新しくなったとは聞いていましたが、めちゃくちゃきれいで驚きました。
 
吐きまくって意識が朦朧としてる娘は『なんで病気なのにホテルに来たの?』と不思議そう。
 
大きな病院は、入院や検査で不安な人がたくさんいるはず。
あんなに素敵な病院なら気持ちが少しは明るくなれるかも。

投稿者: 昌幸歯科医院

2011.06.06更新

 先日、患者さまよりおいしいクッキーを差し入れしていただきました。
 味もさることながら、形もキレイでボリューム感のあるどっしりとしたクッキーです。
 手作りのクッキーを食べて、心も暖かく元気に仕事ができます。
 ○○様いつもありがとうございます。
 とてもおいしく頂きました。
 スタッフ一同心よりお礼申し上げます。

投稿者: 昌幸歯科医院

2011.06.02更新

 口の中の細菌が気管支から肺へ入り込んでいくと、元気な人では白血球が出てきて細菌を食べて殺してくれます。それらの白血球は、私たちの体を守るミクロの戦士と言える肺胞マクロファージとよばれているものです。残念ながら、マクロファージなどの戦士たちも高齢化とともに弱くなってしまいます。流れ込む細菌が多すぎたり、食物あるいは胃液が逆流して気道をとおって肺に入り込んだ場合には、防御作用を発揮することができなくなって、すぐに重篤な肺炎となり命を奪われることになってしまいます。

東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。



投稿者: 昌幸歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯に関してのお悩みは、昌幸歯科医院までお越しください。

  • 診療時間|9:30-12:00 14:00-19:00 042-543-4182
  • お問合わせ