2012.01.25更新

血液中のブドウ糖の量(血糖値)は、膵臓で作られるインスリンというホルモンによって調節されています。糖尿病は、膵臓で作られるインスリン分泌がなくなって血糖値が上昇して発症するⅠ型糖尿病と、インスリン分泌がなくなった上にインスリンを注射してもよくならない、インスリン非依存性糖尿病といわれるⅡ型糖尿病に分けられます。糖尿病の95%以上がⅡ型糖尿病です。

東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。

2012.01.21更新

日本人の20人に一人が糖尿病であるとみなさん御存じですか?
また、2020年には10人に一人が糖尿病になるという予想もあり、そうすると成人7人のうち一人が糖尿病ということになってしまいます。食べ物が豊富になり、糖尿病と肥満が爆発的に増えたわけです。
糖尿病になると、体がだるいだけでなく、網膜症や腎臓病など全身性の疾患に悩まされることになってしまいます。

東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。

2012.01.19更新

 歯周病があったり、歯周ポケットが深くなると、ピロリ菌の親戚ともいえるキャンピロバクターという細菌がやたらと増えてきます。すると歯周病の患者の体の中で、そのキャピロバクターによるアレルギー反応が強くおきてしまうことも考えられます。そうすると、歯周病と胃潰瘍の両方が悪化してしまうことになります。胃潰瘍と歯周病の関連性は、これからの研究によってさらにはっきりとしていくものと考えています。


東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。

2012.01.16更新

昨年に引き続き、口の中の健康についてのお話をさせていただきます。
前回、胃潰瘍と歯周病の関係ということでお話させていただきましたが、その続きを今年も少しずつお話させていただきたいと思います。

私たちの身体の中に微生物が感染すると、それらを排除しようとする免疫反応は、体を守る防御反応として書くことのできないものです。ところが、免疫反応は、私たちの体によくないアレルギーを引き起こすこともあります。
病原微生物に立ち向かってくれる場合とアレルギーと起こす場合があり、免疫反応は「両刃の剣」であるというわけです。


東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。

2012.01.10更新

まだ先の話になりますが、3月20日の祝日は休日診療医療当番となっておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。

2012.01.01更新

新年あけましておめでとうございます。
今年も保険診療を軸として、患者さんにベストな治療を心がけて頑張っていきたいと思います。
皆さんにとっても良い年になるよう祈念してます。

院長 瀧澤昌幸


東京都昭島市昭島駅の歯科は昌幸歯科医院まで。虫歯、歯周病、入れ歯、小児矯正、成人矯正など幅広く対応しています。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯に関してのお悩みは、昌幸歯科医院までお越しください。

  • 診療時間|9:30-12:00 14:00-19:00 042-543-4182
  • お問合わせ