歯周病

歯周病とは

現在、日本人の7~8割の成人男女が歯周病にかかっていると言われています。歯周病は、歯をなくす一番の原因でもあります。歯周病は初期段階では自覚症状がなく、自覚症状が出てきたときにはすでにかなり歯周病が進行しており、治療が難しくなるケースが多くなっています。そのため歯周病は早期発見、早期治療を行なうことが重要です。

歯周病のセルフチェック

ご自分の歯に歯周病の兆候がないかどうか、以下の表でチェックしてみましょう。
チェックがひとつでも当てはまる方は、すみやかに当院を受診されることをおすすめします。

歯磨きの時に歯茎から出血する
口臭がする
口の中がネバネバする
歯茎(歯肉)がはれている
歯茎(歯肉)が赤い、紫がかっている
歯茎から膿がでる
硬いものを噛むと痛む
歯がぐらぐらする
歯茎が下がって、歯が長く見える
歯と歯の間の隙間が大きくなり、物が挟まりやすくなった
歯茎(歯肉)がむずがゆい

歯周病の原因

歯周病の原因としては、以下のものがあげられます。

歯垢(プラーク)

お口の中には数百種類、数億個の細菌がいます。細菌がいること自体に問題はありません。しかし、この細菌が何らかの原因で増えすぎたり、細菌に糖分を含んだ食べかすが付着したりと『歯垢(プラーク)=細菌の塊』ができます。これが歯だけでなく歯の周りに強力に付着すると、歯肉(歯ぐき)の炎症を起こしたり、歯槽骨や歯根膜を溶かすことになります。このことが歯周病の原因となるのです。

歯石

歯石とは、歯周病の原因の歯垢(プラーク)と、唾液中に含まれるカルシウムが混ざって出来た物質です。歯垢(プラーク)は歯磨きで除去することができますが、歯石は歯や歯の周りに強固に付着するため、歯磨きで除去することができません。そのため、歯科医院にてスケーラーと呼ばれる専用の器具を使って除去することになります。

治療方針

当院では、早期発見、早期治療をモットーに歯周病の治療にあたっております。

地域の皆様が歯周病になっていないかを早期に発見するために、市の健診事業やむし歯予防デーなどのイベントにも積極的に出向いて、皆様のお口の中をチェックさせていただいたり、歯周病予防の大切さについてのお話をさせていただいたりしております。

また、セカンドオピニオンも歓迎しております。
他院で治療したり相談したことについて疑問や心配、お悩みなどがございましたら、いつでも当院までお気軽にご相談ください。

さらに、当院では対応しきれない症状につきましては、日ごろから密に連携を取っている大学病院がございますので、必要に応じて紹介させていただいております。

その他、お口の中で気になる点がございましたら、いつでもご連絡ください。

当院は糖尿病専門の医療機関との医療連携も行なっております

糖尿病と歯周病の関係とは

糖尿病とは、簡単にいうと高血糖の状態が続くことで免疫力が低下し、さまざまな合併症を引き起こす原因となる病気です。高血糖の状態になると歯ぐきの血管がいたみ、それが原因で歯周病にかかりやすくなり、また進行もしやすくなると言われています。

また、歯周病になると歯ぐきの中で炎症性物質が作り出され、その物質が血糖をコントロールするためのインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させる原因になるとも言われています。

糖尿病専門医との医療連携

当院は糖尿病を専門に扱う医療機関との医療連携機関に指定されております。そのため、糖尿病の患者さんも積極的に受け入れており、糖尿病専門の医師とともに糖尿病・歯周病の治療に取り組んでおります。糖尿病の患者さんもお気軽にご来院ください。

3か月に1回は定期健診を受けましょう

当院では、特に痛みや違和感がない状態でも1か月~3か月に1回は定期健診にお越しいただくことをおすすめしております。

定期健診では以下のようなことを行なっております。

染め出し液を使用して歯の汚れ具合のチェック
ブラッシングの指導
歯石除去など、お口の中のクリーニング

当院では何らかの理由で歯磨きがあまりできない患者さんやむし歯・歯周病のリスクの高い患者さんには、積極的にうがい薬を処方しております。歯磨きができないときには、うがいをするだけでもずいぶん違うものなので、うがい薬を処方させていただいたときにはよくうがいをしていただくようお願いをしております。

また、高齢の患者さんには、誤嚥性肺炎の予防としてお口の運動や体操の指導も行なっております。

定期健診の際には、普段気になっていることや心配なことがありましたら、お気軽に何でもご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯に関してのお悩みは、昌幸歯科医院までお越しください。

  • 診療時間|9:30-12:00 14:00-19:00 042-543-4182
  • お問合わせ